事業紹介 発電部門

地球環境への貢献はもちろん、全量固定価格買取制度による安定した収益を確保するため、太陽光発電による売電事業を 2014 年、風力発電事業を 2020 年にスタートさせました。

当社では自社の経験則を生かし、メガソーラーや風力発電などの設備の設計・施工・維持管理までを行い、社会の要請に応えるべく、新エネルギー事業を支援しています。

現在、西田発電所と伊野発電所にてメガソーラーを稼働して発電した電力を電力会社へ売電しています。買取制度の期間終了後も、売電事業は継続していくことを計画しています。

※全量固定価格買取制度とは… 2012 年 7 月 1 日にスタートした、太陽光や風力、水力等の再生可能エネルギーを用いて発電された電気を、国が定める一定の価格・期間で、電力会社が買い取ることを義務づける制度。

太陽光発電

西田発電所 (1395.9kw)
伊野発電所 (941.8kw)

小型風力発電

湖陵発電所 (19.8kw × 2 基)
湖陵発電所 (19.8kw × 2 基)